Topics

56.福島支部一覧

掲載日:2010.11.13

酪農学園同窓会連合会福島支部総会

連合会  11月13日(土)福島県郡山駅前三松会館において、第8回通常総会を開催致しました。提出議題、役員改選も含め満場一致で承認されました。学園からは来賓として学園副園長の仙北富志和氏のご臨席をいただき、挨拶並びに、研修会では学園の近況と将来展望等についてお話をいただきました。また、元御料牧場現岩瀬牧場(福島県鏡石町)現場長現資料館顧問の大泉 清氏(短大OB)による、日本初のオランダからのホルスタイン牛13頭の導入、文部省唱歌教科書にものった「牧場の朝」の歌の誕生、朝霧の中で響くオランダから贈られた鐘の音など、牧場のさまざまな様子など話をいただきました。参加者全員感銘を受けた次第です。総会、研修会終了後は懇親会を行い和やかな雰囲気のもと終了することができました。

酪農学園同窓会(2010.11.13)|
掲載日:2006.12.02

酪農学園同窓会連合会福島支部総会

連合会  12月2日(土)福島県郡山市ホテルプリシード郡山に於いて通常総会を開催いたしました。県内各地より会員ご出席いただき、提出議題、役員改選も含め満場一致で承認されました。
 また、この会に来賓として酪農学園同窓会連合会事務局より高橋節郎会長代行として事務局長の新谷良一氏のご祝辞をいただき又生涯学習講座講師として大学より派遣いただきました、酪農学部教授干場信司先生の「牛乳問題に関する酪農学園の取組みと酪農の将来」という題のもと昨今の話題なども含めご講和をいただきました。大変有意義なお話で参加者全員感銘を受けた次第です。
 生涯学習講座終了後は懇親会を行い、和やかな雰囲気のもと時間の経つのも忘れ、更なる組織の結束を含め終了することができました。

酪農学園同窓会(2006.12.02)|
掲載日:2006.11.11

獣医学科福島支部同窓会

連合会 三愛福島(福島支部)だより(竹花教授、福島の地を踏む。)
 平成18年11月11日土曜日、福島県磐梯熱海温泉「かんぽの宿郡山」で、会員16名が集まり18年度の総会を開催しました。大学から獣医解剖学教室竹花一成教授に来ていただき、大学の近況から学生時代の思い出など大学時代にタイムスリップしたかのように語り合いました。竹花先生は、パソコン(写真)を準備していただき、スライドを使って、現在の大学配置から付属動物病院のありさまなど大学の様子や大学の抱えている問題などをわかり易く説明してくれました。私を含めて木造校舎しか知らない昔卒業生には「たまげたもんだ。」の一言です。現在は、近代的な校舎で学生さんがさっそうと歩く姿は、時代の流れを感じさせられました。今年のトピックスは、4期の北村直人(北海道)さんが参加してくれたことです。北村さんは、元衆議院議員で、現在日本獣医師会の顧問を務めています。会長の久保さんとは同期で、獣医師会の話や昔のおもしろ話も聞くことができました。「三愛福島」は来る人拒まず、隣県、遠方を問わず同窓生の皆さん、毎年大学から先生を招待して同窓会を開いていますので、是非ご参加ください。「三愛福島」は、これからも獣医学部同窓会の福島県支部として地道に進めていきたいと考えております。

酪農学園同窓会(2006.11.11)|
掲載日:2005.01.22

福島県支部同窓会

連合会  福島県酪農学園同窓会は1月22日、福島県郡山市 ホテル・ラフィーネ郡山において第5回通常総会を開催しました。
 高橋節郎同窓会連合会長より「学園の近況報告と挨拶」獣医学部田村豊教授より「公衆衛生の最近の話題」についての講演後、総会提案事項の案件承認されました。総会終了後懇親会が開かれ和やかな雰囲気の中で終了した。

酪農学園同窓会(2005.01.22)|
掲載日:2004.11.13

獣医学科三愛福島支部窓会

連合会  獣医学科三愛福島支部同窓会が11月13日に開催され、本学から永幡肇教授が出席し「学園の概況、動向について」の講座を行ない、その後交流懇談会を行ないました。
  獣医学科14期 菅野美喜夫さんから届いた「三愛福島だより」を御紹介します。

 全国の同窓生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
 今回酪農学園大学獣医学部同窓会福島県支部(「三愛福島」)の生い立ちと現在の活動について、報告致します。
さて「三愛福島」は、現在4期の久保明氏を会長に会員数が46余名をようし、年に1回同窓会を開催しております。今年は11月第2土曜日に、20名前後の会員が集まり、懐かしい大学時代の思い出を語り合いました。
 さて「三愛福島」が産声を上げたのは、平成2年の事で当時主な方々数名が集まり準備会を開き、「三愛福島」の旗揚げを致しました。翌平成3年に第1回目の「三愛福島」が、飯坂温泉で阿部光雄先生を招待して開催する運びとなったのでした。あの時以来、年に1回同窓会を開催し、会員の親睦と、大学から先生を招待し大学の近況を身近にお聞きしています。これが更なる仕事の励みともなっていると思います。今は亡くなられた獣医解剖学教室の岩浅憲二先生、獣医外科学教室の小谷忠生先生の両先生にも、かつて「三愛福島」に参加していただくなど、楽しい時を過ごしたことが思い出されます。あれから15年が経過し、平成16年度の「三愛福島」は、先月11月に二本松市岳温泉にある国民年金保養センターで、獣医衛生学教室の永幡肇先生にお出でいただき、開催いたしました(写真)。先生からは、大学病院が移転されたことや獣医学教育のこと、免疫力を高めるラクトフェリンの話など、いろんな話を聞かせていただきました。
「三愛福島」は、これからも酪農学園大学獣医学部同窓会の福島県支部として明日に向かって進んで参ります。

酪農学園同窓会(2004.11.13)|
掲載日:2003.11.08

獣医学科福島県支部同窓会開催

 獣医学科福島県支部では、本学黒澤隆助教授を招き、「これからの大学教育の目指すもの」の講演と同県在住同窓生との情報交換を行いました。

酪農学園同窓会(2003.11.08)|
掲載日:2001.12.02

福島県支部同窓会開催

連合会  郡山市において総会と学習講座を、高橋同窓会連合会、須田後援会常務が出席して開催、 学習会は「牛海綿状脳症(BSE)」について県の食肉衛生検査所及び県北家畜保健所の担当者の出席を得て行われました。

酪農学園同窓会(2001.12.02)|

このページのTOPへ戻る